製品

Download

EcoInCure

連絡先

Phone +49 7142 78 - 1543

pfs(at)durr.com

QuickLinks

EcoInCure –
革新的な車体内部からの硬化技術

最高の表面品質

EcoInCure のエアフロー制御によりトップコートに最高の外見が得られます。車体は内部から加熱され、極めて均一な加熱・冷却コンディションを得ることができます。結果として車体外部の表面に生じる流速は最小になり、トップコートの外見や分布、そして表面品質が大幅に改善されます。有数の塗料サプライヤーは EcoInCure を使用した塗装硬化によりウェーブを抑えて品質を大きく向上させることができることを独自の調査で明らかにしてきました。

優れた工程時間

内部からの加熱の原理は従来のシステムと比べてより直接的に骨組み (ロッカーパネル等) の大きな車体コンポーネントに到達します。これにより、高温のエアフローから届きにくいパーツや領域への熱伝達が最適化されます。メリットとして車体の加熱に必要な工程時間が最高で 30% 削減されます。

EV 車に最適

EV 車は他と比べて、側面衝突時にバッテリーを保護するためにしっかりと強化されたロッカーパネルを必要とします。  EcoInCure による材料がより厚くなったこれらのロッカーパネルの乾燥作業は従来のオーブンよりはるかに優れています。ボディシェルの薄いパーツの過熱を避けることができます。

同じことが新しい材料の組み合わせや新しい接合手法による未来の多重基材の車体生成にも当てはまります。特に、新しい乾燥手法 EcoInCure によって低減された熱成分ストレスにより工程の信頼性が高まります。

システムの仕組み

EcoInCure では、車体は止まったり動いたりしながらラインを横方向に通り抜けます。この運搬原理により、高温の硬化エアーが直接風防開口部に流入します。車体の内部に向けられた射程距離の長いジェットノズルにより、車体構造と塗装済み車体シートを内部から加熱・冷却します。これにより穏やかかつ効果的な加熱工程で、著しく改善されたトップコートの外見を実現しています。   

車体コンパウンド全体における最小化された加熱勾配と均一な温度分布により硬化ストレスが軽減され、結果として工程の信頼性が高まっています。追加で使用可能な空気再循環モジュールは、種類別にモデル化された固有の加熱・冷却工程を可能にします。   

EcoInCure の加熱コンセプトは中央熱交換器に基づいています。空気循環ユニット内に熱交換器を設ける代わりに、中央で加熱された硬化エアーが各空気再循環ユニット全体に混合されます。この原理により、短い反応時間での精密な温度制御と加熱サイクル全体における圧力損失の低減が可能になっています。

 

その他のメリット

種類別の車体の加熱

EcoInCure では、温度および体積流量を個別に適合させることができます。各車体ごとにカスタマイズされた加熱・冷却工程を定義できます。これは EcoInCure の循環モード運転と個別のユニットを各モジュールに割り当てるオプションにより可能になっています。

エネルギー消費量 -25%

EcoInCure では中央で加熱された空気を各空気再循環ユニットに分配して硬化エアーに混合しています。空気再循環ユニットは熱交換器を必要としないため、圧力損失が減少します。それゆえ、合計電力消費量を 25% 削減することができるのです。

オーブンの長さ -50%
⇒ スペースを節約したレイアウト

車体は横方向に通り抜けます。これにより大幅にスペースを節約したレイアウトが可能になりました。EcoInCure は従来のドライヤーと比較して半分の長さです。オーブン真上に必要な鋼鉄製品も少なくて済みます。空気再循環ユニットはオーブンの高さに配置されています。

車体ごとのスマートな品質認証

iTAC.MES.Suite が塗装の乾燥中、また鋼鉄およびアルミニウムの焼付硬化中の各車体の乾燥状況を継続的に追跡します。各車体にはソフトウェアによってサポートされた固有の品質認証が存在します。

Dürr News